カードローンの申し込み方法色々

市民税で困った体験により、お金を借りる方法についていろいろ調べてみました。

現在利用者が非常に多いカードローンですが、初めて利用する場合に誰もが直面するのが申し込みをどうすればよいのかと言う事でしょう。一昔前はカードローンの申し込み方法と言えば店舗まで出向いて時間をかけて審査をし、やっと契約完了という契約方法しかなかったわけですが、現在では店舗以外の方法での申し込みが出来るようになっています。その方法は店頭での申し込み、電話での申し込み、無人契約機での申し込み、WEB申し込みが主な申し込み方法で、WEB申し込みに関してはさらに細かく分類されています。

店頭での申し込み方法

最もオーソドックスな申し込み方法が店頭での申し込みと言う方法で、この場合には店舗まで出向き係員と話をしながら契約申し込みを行うと言う方法になります。この方法の最も大きなメリットは、係員と話をしながら直接疑問などを聞くことが出来ると言う点、わからない部分をわからないままにせずにその場で契約内容などを確認できる点がメリットだと言えます。

何より係員と直接話をしながらの契約のため、安心感が高く確実に納得したうえで契約が出来るという点では、店頭での契約に勝るものなしといるかもしれません。しかし逆にデメリットも存在しており、まず人と話すのが得意ではない人、係員相手だとどうにも萎縮してしまい聞きたいことも聞けないと言う人には不向きな方法だと言えますし、カードローン申し込みを誰かに見られたくないと言う人も、店頭での申し込みにはそれなりのリスクが伴うため、あまりお勧めできる方法ではないと言えるでしょう。

店頭での申し込みは時間と曜日の制限がある

転倒での申し込みは係員相手に契約をするため大きな安心感があると言えますが、問題点としては営業時間と休日という問題があります。基本的にほとんどのカードローンでは店舗の営業が午前10時~午後18時程度になっている場合が多く、仕事帰りに店舗で契約と言うことがほぼ出来ないと考えてよいでしょう。

中には営業時間を夜10時くらいまで開けている店舗もありますが、それは非常に稀なケースですので通常は意外と速い時間に閉店してしまうと言えます。土日祝日に関しても休日になっている場合が多く、平日が休みの人以外は自分が休み=カードローンの店舗も休みとなるため、店舗での契約が出来ないことがほとんどだと言えます。そのためどうしても一般的な会社勤務の人の場合は店舗での契約が行い難いというデメリットがあります。

無人契約機での契約

店舗以外に近年その数を増やしているのが無人契約機と言う存在です。カードローン会社でも有人の店舗を減らし無人契約機のみの店舗を増やしているという背景があり、人員削減をしながらも契約できる場所を増やせると言ったカードローン会社の目論見もあると言えます。

無人契約機での契約は、基本的には無人契約機がある場所まで出向いて行う必要がありますが、係員がいない完全無人のため係員と話しながら契約するのが苦手と言う人には非常に向いている契約方法だと言えます。無人契約機の中には契約するための契約機が設置されており、備え付けのタッチパネルを利用して契約を行う事になります。

契約方法に関してはタッチパネルに表示される内容を記入していくだけでOKですし、常に指示が表示されますのでその指示通りに契約を進めていけばまず間違いなく契約が出来るシステムとなっています。身分証明司書なども契約機に読み取り装置が備え付けてあるため、それを利用してすぐにカードローンの契約センターへ送信されますので、契約時間も有人店舗で係員を相手に行うよりも大幅に短縮することが出来ると言えます。

もしわからないことがある場合には、サポートセンターへ直結の電話が備え付けられていますので、それを利用すれば電話でのサポートを受けながら契約機の操作が可能になります。有人店舗とは違い、電話でのサポートとなるため顔を合わせることが無いため対面式の契約が苦手でも大丈夫だと言えます。

契約にかかる時間は早ければ30~40分程度の短時間で終わりますし、契約完了時に契約機からすぐにカードの発行が行われるため、無人契約機の利用=即日カード発行となります。利用できる時間も午前9時~午後22時と遅くまで利用できますので、仕事終わりに契約を行うと言うこともかのうとなります。

無人契約機のデメリットとは?

無人契約機の利用は非常に多くのメリットがありますし、契約時間の短縮にも一役買ってくれる存在だといえますが、無人契約機ならではのデメリットも存在しています。それが契約に関しての操作を自分一人で行わなければいけないと言う事です。サポートセンターへの直通電話があるとはいえ、やはりタッチパネルなどの操作に不慣れな人は契約機自体の操作が出来ないという場合もありますし、有人店舗同様に無人契約機まで出向き、それから契約を開始する必要がある点においては有人店舗同様に時間のロスがどうしても発生してしまいます。

無人契約機の利用は外からは見えないように配慮されていますが、出入りする時はどうしても人目に付くと言うリスクもありますので、100%誰にも知られることなく契約出来ると言うわけでもありません。

電話での申し込み方法

カードローンには電話での申し込みという方法もあり、自宅や携帯電話から専用ダイヤルへ電話をかけることで審査を行って貰うことが可能になります。この電話での申し込みに関しては、契約時間内であればどこからでも申し込みが出来、電話での申し込みですので直接コールセンターの係員と話をしながら契約できるかどうかの確認をすることが出来ると言うメリットがあります。

ただし電話での申し込みの場合、電話で確認できるのは簡易審査で契約が可能かどうかが分かるだけで、その後無人契約機まで出向いて本契約を行うか、郵送で送られてくる契約書に記入をして契約を行う必要があるため、多少手間がかかるという問題があると言えます。無人契約機や郵送での書類以外の方法ですと、電話後にFAXを利用した契約が可能となっており、この場合はカード発行は後日となりますが指定口座へ振り込みでの融資は可能となるため、どうしても電話での契約を希望する場合はFAXでの契約も視野に入れておく必要があるでしょう。

電話での申し込みなのに手間が要らない「てまいらず」

ほとんどのカードローンは電話での申し込みの場合、別途無人契約機などの利用が必須となりますが、唯一アイフルのみは無人契約電話BOXというものを設置しているため、電話を利用した契約が可能になっています。この方式は「てまいらず」と呼ばれる方法で、アイフルだけの特別な契約方法だといえます。

ただ通常の電話での申し込みとは違い、設置してある無人契約電話BOXまで行く必要はありますが、それ以外は電話でオペレーターと話をしながら契約を進めていくだけですので、行く手間さえ問題なければ非常に便利な電話契約方法だと言えます。簡単に言えば無人契約機の電話版と言ったところでしょう。カード発行もその電話BOX内で行われますので、その日のうちにすぐカードを手にすることも可能となります。

WEB申し込み方法色々

WEBでの申し込みに関しては近年その利用者が増加傾向にある方法で、現在WEB申し込みが出来るのはパソコン、携帯電話、スマホと言った端末での利用が可能になっています。スマホの場合ブラウザとアプリの2種類があり、どちらでも契約可能となりますし、提出が必要な書類に関してもスマホなどのカメラで撮影し送信するだけでOKという手軽さが利用者が増加している理由だと言えます。

何より24時間365日いつでも申し込みが出来る点では、WEB申し込みに勝るものは無いと言えますし、いつでもどこでも空いた時間に申し込みが出来るため、仕事の休憩中に申し込みを行うといったことも可能となります。

WEB申し込みの最大のメリットは、誰にも知られることなく契約が可能になると言う点で、契約時にWEBでの明細利用などを申し込んでおけば郵送されてくる書類なども全て郵送をストップすることができます。そのため申し込みに関しても利用に関しても誰にもばれる心配が無いと言えるのが、WEB申し込みの最大のメリットだと言えます。契約時間に関しては最短で20分程度で契約完了するカードローンもありますし、一旦申し込みを行っておけば後はメールでの連絡となる点も非常に便利なポイントだとえます。

カード発行のみがデメリットかも?

WEB申し込みの場合、どのような端末からの申し込みでも同じ契約となるため、空いた時間に利用できる点ではとても優れた方法だと言えます。しかし唯一の欠点はカード発行をその場で出来ないと言う点で、WEB申し込みが完了した場合でもすぐその場でカードを手にすることが出来ないと言えます。

ただ、これを逆手に取った方法で最短で契約からカード発行までを行う事も可能で、それがWEB+無人契約機の併用と言う方法です。WEBの場合は最短で契約は可能だけれどカード発行が出来ない、無人契約機はその場でカード発行が可能だけれど契約開始は無人契約機に行ってからといったお互いにデメッリットがありますが、併用することでこのデメリットを解消し最短での契約+カード発行を可能にしてくれます。

方法は非常に簡単で、申し込みはWEBから申し込みを行いその間に無人契約機へ移動。移動時間が30分程度であれば移動中に契約完了している場合もあるため、あとは無人契約機でカードの発行だけすれば時間の無駄を極力省き、しかもカードもすぐ手にすることが可能になると言うわけです。これの応用で仕事の休憩中にWEB申し込みを行っておき、仕事帰りに無人契約機でカードだけ発行すると言う方法も可能ですので、忙しくて時間が取れない人にはとても有効な手段だと言えます。

土日の申し込みでも利用可能になるプロミス

WEB申し込みの場合は土日祝日の申し込みも可能となっているため、曜日を気にすることなくいつでも申し込めるのがメリットと言えますが、問題となるのはカード審査の段階で行われる在籍確認の電話です。これは全てのカードローンでほぼ義務付けられているため、電話での在籍確認が取れない場合には契約が進行しないということになります。

そうなると問題なのが土日会社が休みの場合で、この場合はWEB申し込みを行っても在籍確認が出来ない可能性が高いため、会社が営業される月曜日に在籍確認が持ち越されることになってしまいます。これではせっかくのWEB申し込みのメリットも半減してしまいますが、プロミスに関しては在籍確認の電話を在籍が確認できる書類で代用してくれますので、土日祝日の契約もスムーズに行えることになります。その場合に必要なのは社員証などの在籍を確認できるものがあればOKですので、WEB申し込みの段階で電話ではなく書類での確認を希望していることを伝えれば、書類を代用した在籍確認が行われ、契約を進行させることが出来ます。契約が終われば無人契約機でカード発行を行えばOKです。

モビットの場合はカード発行も在籍確認も不要

WEB申し込みの中で最も手間がかからないと言えるのはモビットの「WEB完結」という契約方法かもしれません。このWEB完結はその名の通りWEBでの申し込みだけで契約を完結させることが出来る方法で、自宅に居ながら契約を全て行うことが可能となっています。

WEB完結を利用するにはまず事前の準備が必要となりますが、それがモビットが指定する銀行口座の開設です。指定口座は三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座が必要で、この口座を介してお金の融資や返済を行うため必ず必要になるものだといえます。っそれと在籍確認を不要にするために社会保険証、もしくは組合保険証が必要となり、それに記載してある会社情報で在籍確認のかわりとします。

それら2つが揃っていればWEB完結での申し込みが可能となり、最短で20~30分程度ですぐにカードローンが利用可能となります。カードローンと言ってもモビットのWEB完結の場合はカード発行すら無く、全て口座間での利用となるためカード発行の手間も省くことが出来ます。融資に関してはWEBから申し込めば良いですし、返済も口座にお金を入れておけば自動的に引き落としでの返済となるため、融資も返済も非常に楽に行えます。自動引き落としのため返済のし忘れも防止できますので、その点でも優れた契約方法だと言えるでしょう。

 

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの違い

消費者金融系のカードローンと銀行系カードローンとなります。どれも内容的には同じようなものでありますが、違う点があります。消費者金融系のカードローンと銀行系カードローンとは利息面の金利が異なってきます。勿論でありますが、銀行系の方が金利が安いです。消費者金融系が18%程ならば銀行系は14%程といったもので少々安い金利になっております。(http://www.onealite.com/)

では同じカードローンならば銀行系の方が良いのではと思いますが、ここで1つそれぞれ異なることがあります。申し込み自体は同じであり、限度融資金額も同じようなものでありますが、即日審査や即日融資があるのと無いとの違いです。即日審査や即日融資のあるのは消費者金融系が多くあります。スピード審査や融資で満足できるものであります。ただ金利は銀行系より少々高い目となっています。銀行系の場合は即日審査や即日融資というものが少ないです。銀行系でも即日融資というものがありますが、その場合は金利が高い目に設定しています。

しかしそのような即日融資が無い場合は審査時間も1日2日程かかり、融資まで長ければ1週間程かかってしまいます。でも金利は消費者金融系と比べて安くなっております。これらからいいますと、お急ぎの方は消費者金融系が良く、急がない方は、銀行系が良いとなるわけであります。これらをうまく利用してそれぞれの消費者金融系や銀行系を選ばれると自分にあったカードローンが持てるのであります。

 

プロミスはキャッシングとして利便性が高いです

プロミスは、三井住友フィナンシャルグループのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するキャッシングサービスになります。プロミスを利用するには専用のATMやインターネットの公式ホームページから申込むことができます。ホームページには利用ガイドやよくある質問などの情報が充実しているから参考にできます。さらに借入診断や返済シミュレーションといった機能もあるから役に立ちます。

特にサイトから申込むと人の目を気にせずに利用できることから需要が高く、手続きも案内に従って必要事項の入力と書類を添付するだけなので利便性が高いです。さらに問い合わせ体制も整っているので安心です。申し込み後に審査が行われますが、即日で終えることができ、キャシングを受けるまでの期間も短いので気軽に利用できます。

また、返済方法に関しても銀行引き落としや専門ATM、振込といった選択肢が広いことも利用しやすい要因となっています。しかし、キャシングを利用する際には注意が幾つかあります。プロミスのホームページにも掲載されていますが、使い過ぎや借り過ぎに注意をすることです。さらに、返済に余裕を持つことです。万が一、返済が滞った場合は罰則が発生するので計画的な利用が大切です。

 

高い人気を誇る即日キャッシング

キャッシングの需要が相変わらずの高まりを見せています。今般の忙しい現代人にとって急にお金が必要になることは、いろいろな場面であるといえます。そんな人々のニーズにこたえてくれるのが、即日キャッシングということができます。極端にいえば、申し込みした、その数時間後には、資金を手にすることができるというものです。老若男女問わずその利便性を享受することができます。

具体的には、例えば、財布を落としたりして、お金がなくなってしまった場合や、親からの仕送りが遅れてしまって家賃の支払がピンチになってしまっている場合に、消費者金融やクレジット会社のインターネットのホームページにアクセスし、融資を受けたい金融機関を選びます。その選んだ金融機関の申し込み画面に必要事項を入力し、送信すればいいとされています。

その後、審査の結果、融資を受けることが可能になれば、自身の希望する銀行口座にお金が振り込まれるかたちで、融資を受けることができます。このようなかたちで行われる即日キャッシングには連日申し込みが殺到しているといいます。むろん、融資を受ければ、返済のことも気になるとは思いますが、心配はいりません。分割払いに応じてくれますので、無理なく返していくことができるといえます。

Published by