困った!市民税が払えない!滞納している市民税について。

~困った、市民税が払えない、プロローグ~

私は、37歳の一人暮らしの女性です。私にはお金のトラブルがあります。それは、住民税が高すぎて払えないということです。払う意思はあります。もちろん。でも、払うことができないのです。理由は、お金がないからです。そんな私のトラブルについて、書きたいと思います。

~まず、払えないと電話した~

私はまず、市民税課に電話をかけました。ばっくれはいかんと思ったからです。そうしたら、まずは、分割で払えといわれました。でも、分割でも、払うことはできません。なかなか、お金がないからです。そして電話をしたのが3月で、今度は9月になって、半年振りに、また電話をかけました。今度は、応対が違いました。収入・支出報告書を書けといわれたのです。でも、そんな余裕はありません。私には、払うことができないのです。また、資料を書く気力もありませんでした。ぜんぜん、うつ病が重くて、書けないのです。

~収入・支出報告書をかかなければならない~

収入・支出報告書を書くに当たって、彼氏にお願いして、支出を書いてもらいました。それによると、家賃が51000円、振り込み手数料432円、火災保険258円、電気代10000円、ガス代10000円、水道代3000円、ネット代6000円、食費60000円、雑費10000円、外出代20000円、交通費10000円、携帯代12000円、借金50000円合計242690円になります。収入が、124000円と109500円で233500円なので、これで、マイナスになります。

~借金は返せても、税金は払えない~

隠し貯金がいくらかあります。へそくりです。でもそれで税金を払うと、一文無しになってしまいます。なので、払うことはできません。へそくりは、最後の、おなかがすいたときの切り札なのです。なので、それで払うわけにはいきません。なんとか、税金をまってもらうしかないのです。

~解決について~

結局、貯金から支払いました。4万円です。年間4万円は高い!働く気をなくしてしまいます。でも、支払うしかないので、支払いました。貯金は205万あったのが、200万円に減ってしまいました。でも、払えといって、家に押しかけられるよりましです。家に押しかけられたら、滞納分を税金を取られてしまいます。それがいやなので、おとなしく払いました。なんとかなったので、今ではよかったと思います。へそくりは守りました。

Published by